高度な空撮を楽しむ

ドローンによる空撮には高度なテクニックが求められますが、このテクニックを身につけることでよりダイナミックな空撮が出来ます。中でもドローンならではの空撮のひとつに、通り抜けと呼ばれるテクニックがあります。これは障害物をすり抜ける空撮で、ドローンでなければ撮影出来ません。通り抜けはスリリングな映像ではありますが、テクニックがなければ衝突するリスクがあるのです。そのため、ドローンビギナーにはおすすめ出来ません。十分にドローンのテクニックを身に着けたベテランが出来るスキルでしょう。

そして、空撮のテクニックを身に着けたのであれば、その後の編集についても知識を身に着けましょう。そこでポイントとなるのが、複数のカットを用意するということです。いくつものカットを用意することでより表現力豊かな映像になります。

さらに、空撮した映像に音楽を組み合わせるのであれば、音楽のどの部分にどういった映像を加えるのか想定して空撮をしてください。ドローンによる空撮は世界的に人気となっていますので、動画投稿サイトには数多くの映像がアップされています。そういった動画を参考にすることでより豊富なアイデアが湧くことでしょう。

Copyright ©ドローンでレースや空撮を楽しむ, All rights reserved.